Home > 家電・日用品 > SONY nav-u NV-U37の価格と口コミまとめ

購入前に読むべき SONY nav-u NV-U37の価格と口コミまとめ

nv-u37.jpg バイク・自転車・登山に最適な防水カーナビ ソニー ナブ・ユー NV-U37について購入者のレビュー・最安値比較・激安店情報をまとめました。
大人気モデルだったNV-U35に、アウトドアでも見やすい半透過型液晶や連続9時間のスタミナバッテリーが搭載された新型で、登山用地図や電子コンパス機能が搭載されるなど車を降りてからの使い勝手もさらに向上しています。またグルメぴあや立ち寄り湯マップなどガイドブック情報やルートデータの追加ダウンロードも出来るようになりました。
購入された多くの方がバイク・登山などアウトドアでの使用を目的としているようで、値段の安さ・画面の見やすさ・バッテリー持続時間が特に高く評価されているようでした。PSPの外部バッテリーを流用している人も多かったですね。特に大きな不満のない満足度の高い商品のようですが、衛星補足に時間がかかる点や画面が小さくアウトドア地図が見にくい点を指摘する人もいるようでした。
SONY nav-u NV-U37 取扱説明書・カタログページ


このページの目次
  1. 価格比較・激安店情報
  2. ヤフオク・アマゾン・Yahoo!ショッピング・楽天での最安値比較・激安店調査
  3. レビュー・口コミまとめ
  4. 「ここが良かった」「ここが悪かった」にまとめた購入者の声
  5. おすすめリンク
  6. 購入前にぜひ読んで欲しい良質レビュー記事・お役立ち情報

SONY nav-u NV-U37 価格比較・激安店情報

最安値・販売情報は記事作成時のものです。最新価格等はリンク先で確認してください。

最安値 最新価格
ヤフオク ¥18,000 ヤフオクの最安値を表示
アマゾン ¥24,900 アマゾンの最安値を表示
ヤ フ ー ¥24,800 Yahoo!ショッピングの最安値を表示
楽  天 ¥24,800 楽天の最安値を表示

送料込みの価格だと25,000円程が最安値でしょうか。
楽天・ヤフーショッピングに販売価格最安値で送料無料の激安店がありました。どちらのモールにも販売価格は最安値ではありませんでしたが、ポイント3倍や液晶保護シートの無料サービスなどを行なっている店がありましたので、購入前にポイント利用や送料を含めてよく検討する必要がありそうです。またアマゾンもほぼ同じ値段で送料無料でした。一方、ヤフオクでは出品数は多くありませんが新品がだいぶ安い値段からストア出品されており直近の落札相場は21,000円程でしたので、うまく安値落札できればヤフオクでの購入が一番安く買えそうです。
ヨドバシカメラやビックカメラなどの大手家電量販店では、販売価格が28,000円程でポイント10%還元が相場のようでした。


SONY nav-u NV-U37 レビュー・口コミまとめ

購入された方のほとんどが買ってよかったと評価している満足度の高い商品のようです。アウトドアでの利用を目的に購入している方が多いせいか、半透過型液晶の見やすさやバッテリーの持ちの良さが高く評価されています。USB充電に対応したので外部バッテリーの選択肢が広い点も好まれているようでした。
一方、画面が小さく解像度が低いため地図の見にくさを指摘する感想も少なくないようでした。バイクで使用される方の中には、Bluetoothレシーバーを接続して音声ガイドが聞こえるようにするなど工夫している方もいるようですね。

Googleのレビュー検索結果を表示

SONY nav-u NV-U37 ここが良かった

  • ユーザーインターフェイスの良さ、速い、ルート情報も豊富
  • ディスプレイも見やすく、またタッチパネルの反応もいい
  • バイク用革手袋でもちゃんと反応します
  • 渋滞情報・オービス情報・事故多発地点情報までデフォルトで入っている
  • 半透過型液晶なので明るい中でもしっかりと見える
  • USB充電にも対応したので豊富な外部バッテリーが使える
  • バッテリーの持ちはまずまず。日帰りのトレッキング位なら十分使える
  • サイクルコンピューターのように平均時速や最高速度、消費カロリーなどを表示できる
  • 国土地理院の2万5千分の1地形図を収録したこと
  • ハンディGPSや単体GPSの性能を上回るほどではないが、この精度なら夏山登山で尾根歩きが中心なら十分使える
  • 沢沿いは誤差が出るが尾根歩きには十分な性能
  • 勾配の傾斜をパーセントで表示して、その坂道が何メートル続くかを数字で表します
  • 登山はトレッキング程度、主にサイクリングやウォーキングに使うならNV-U37がお薦めです
  • 手に持って歩く事も想定して滑りにくく作ってあります
  • 直射日光下でも見える
  • 先代のU35とマウントパーツが共用なので社外品も充実しており設置しやすい
  • 電源仕様(コネクタ形状・電圧)がPSPと共通で、PSPの電源に関する沢山の製品群が使いまわせる
  • 音声ガイド付きの徒歩ナビもあるので見知らぬ土地に観光予定の方も間違いなく重宝
  • 値段も安く現在の登山用GPSの中ではベスト
  • 夏のピーカンの下でも良く見える液晶
  • 意外なほど良くできていた自転車用マウント(バイクでも使っています)
  • マフラーなどが無改造であれば、街中でフルフェイスをかぶっていても聞こえる程度のスピーカー音量があります
  • 情報誌なども後から追加できとても便利です
  • 表面に保護フィルムを貼りましたが画面の反応はかなり良いです。良すぎるぐらいです
  • ジェスチャ操作(自宅へのルート探索などが一瞬でできる)もグローブをつけたまま行うことができ、たいへん快適です
  • 自転車には欠かせないアイテムだ。純粋に楽しい!

SONY nav-u NV-U37 ここが悪かった

  • フォトビューア、音楽再生とか要らない
  • 今さらメモリースティックはないでしょう
  • USBでの充電中はナビが使えない
  • インポートできるルートは1つだけで、新しいルートをインポートすると既存のルートは上書きされる
  • アウトドア用途なのに林道をナビゲーションしていません
  • 小さなモニターに映すと国土地理院の1/25000の電子地図は見づらい
  • NV-U37は5℃から45℃の温度でしか使用できません(夏の北アルプスでも早朝は5度を下回ることがある)
  • NV-U37を登山で使うのなら「日帰り登山。1日に歩く時間が8時間前後」。これが一つの目安です
  • アウトドア地図表示をしてしまうと移動ログを記録できなくなります
  • GPSの補足が少し遅い
  • 解像度320×240dpiでは詳細地図が厳しく地図の拡大縮小を繰り返すハメになります
  • 二万五千図(アウトドア地図)で「百メートル」と「三百メートル」表示が無い
  • バッテリーの9時間はちょっと大げさで、連続使用はせいぜい6~7時間です
  • SDカードを採用して欲しかった
  • 画面ロック機能があるのですが、徒歩モードの時にしか使うことができない
  • 山奥の細い道の案内が苦手
  • ルート検索が多少おバカ
  • バッテリーはナビに特化し使用するときだけ電源を入れる様にすれば1日持つかもしれませんが、ログも記録するのであれば対策が必要です
  • 質感は正直言って安っぽい

SONY nav-u NV-U37 おすすめリンク

SONY nav-u NV-U37の購入に役立ちそうなレビュー記事等へのリンクです。
車載用のナビとして購入している人よりも、バイク・自転車・登山での使用をメインに購入している人が多かった印象でしたので、できるだけアウトドアでの使用レポートが詳しい記事を選んでみました。また、アウトドア用途ではガーミンのハンディGPSなど既に定評のある商品も少なくないですので、既存商品との比較レビューや外部バッテリーでの運用など具体的なノウハウが詳しい記事も取り上げています。


SONY nav-u NV-U37 関連商品レビューまとめ

ソニー nav-u NV-U35 画像 ソニー nav-u NV-U35 の価格と口コミ・レビューまとめ
GPSロガー・サイコンにもなる防滴カーナビ SONY ナブユー NV-U35 についての評判・最安値比較まとめです。NV-U37の前のモデルでバイクや自転車用のナビとしてとても人気のあった商品です。社外品のオプションも豊富でスタンドなどはNV-U37でも使えます。バイク用の充電可能なハンドルマウントが人気ですね。

YUPITERU ATLAS ASG-CM21 画像 YUPITERU ATLAS ASG-CM21の価格と口コミまとめ
ケイデンスセンサー等対応の自転車用ハンディGPSマップ ユピテル アトラス ASG-CM21 についてのレビュー・最安値比較まとめです。ナビ機能はありませんが心拍計など各種センサーを取り付けてサイコンとして使うことができます。自転車での利用がメインというのであればこちらがおすすめです。

Garmin Oregon 300 画像 Garmin Oregon 300 の価格とレビュー・口コミまとめ
ガーミン オレゴン300についての評判・価格比較・英語版の日本語化まとめです。アウトドアで信頼性の高い乾電池駆動の完全防水GPSマップで、軽量で衛星捕捉能力が高く単3電池2本で15時間以上使えます。タッチパネルの評判もよく登山をされる方からは絶大な支持があります。


SONY nav-u NV-U37 エキスパートレビュー

国土地理院の2万5千分の1地形図とサイクリングロードも収録! アウトドア志向の防滴PND、ソニー「nav-u NV-U37」試用レポート
画像も多く解説の詳しいレビューです。自転車のハンドルに取り付けた状態の画像も見ることができます。また、GPSロガーの「HOLUX M-241」、GARMINのハンディGPS「GPSmap60CSx」、ランニングGPSウォッチの「Forrunner405」などとのログデータ精度の比較実験も高尾山で行なっているので参考になります。

ソニー「ナブユー」NV-U37とU35の違いを徹底検証
NV-U37と前モデルのNV-U35との比較レビューです。画像が豊富で解説も詳しい記事で、実際に車に搭載してナビしている動画も見ることができます。

地図から知図へ「PetaMap(ペタマップ)」
ソニーが運用する地図ポータルサイトです。NV-U37と連携させてペタマップ上のスポット情報やルート情報などのデータを無料でダウンロードしたり走行ログをアップロードしたりできます。ぐるなびなどとの提携サービスも多く情報量が非常に豊富です。

登山ナビ『NV-U37』を実際に使ってきました [PetaMapの話]
ソニーショップの店員さんの日記で、NV-U37とNV-U35を持って筑波山に日帰り登山してみた比較レビューです。別の日の記事には自転車に搭載してみた使用レポートや、付属品などの画像が豊富な開梱レビューなどもありました。

nav-u NV-U35(SONY):徒歩ルート検索機能をガチンコテスト!
NV-U37のYouTube動画レビューです。付属品・本体の外観や実際に操作してみた画面の反応や写り方などを見ることができます。実際に外に持ちだして携帯電話のナビ機能との比較も行なっているので参考になります。YouTubeにはNV-U37関連の動画が他にもたくさんありました。


SONY nav-u NV-U37 ユーザーレビュー

Amazon SONY パーソナルナビゲーションシステム NV-U37 カスタマーレビュー
アマゾンの購入者レビューです。有用性の高いとても詳しいレビューが数多く投稿されていました。多くの方が満点に近い評価をしていますね。

SONY ポータブルナビゲーション "nav-u"「ナブ・ユー」NV-U37レビュー
自転車での利用を目的に購入された方のレビューです。画像はありませんが感想が項目ごとに分かれていて分かりやすいです。アイウェア装着状態での画面表示の見え方など自転車乗りならではの感想を読むことができます。

ナビNV-U37のレビュー バイクおやじ
NV-U37をバイクに搭載してツーリングした使用レポートです。別の日の記事にはケースのレビューやBluetoothで音声ガイドを聞けるようにしてみた記事など、バイクで使う上での様々な工夫やノウハウが詳しく述べられていました。

NV-U37の充電
ロードバイクでNV-U37を使用されている方の日記で、PSPの充電器で充電してみた様子が書かれていました。USBモバイル電源のパナソニック QE-PL201を外部電源に使用するノウハウの記述もありました。

コメント:3

でろりん Author Profile Page 2012年2月16日 00:57

NV-U37専用のバイクマウントシステムは社外品でいくつもありますが、ソニーが正式に耐衝撃試験なんかをやった製品もあるみたいですね。


ソニーの“nav-u”「NV-U37」、バイクへの取り付けも可能に


サインハウス製「バイクマウントシステム」なんですが、アルミ削り出しでかなりカッコいいです。でも基本的に自転車用マウントがごつくなっただけで同じものなので電源供給はできないです。やっぱりバイクで走るなら電源をとれるマウントじゃないとね。


NV-U37 バイク用ステー


ヤフオクで見つけたこのステーは前のモデルのNV-U35と共通なんですが、純正の車載用のステーを改造したマウントなんでシガーライターソケットから電源供給ができます。値段もRAMマウントとかと比べるとかなりお安いしある程度の防滴性能もあるみたいですから、けっこうおすすめだと思います。

でろりん Author Profile Page 2012年2月16日 01:16

NV-U35を走行中に操作できるようにする裏技(ロック解除)


ネットで見つけた情報ですがNV-U37背面に4つある接点の左から2つ目を絶縁すると、車の走行中でもナビ操作が出来るように改造できます。この改造を行なっても電源供給など機能的に問題はないようですね。走行中にナビ操作ができないように通常はロックがかかるんですが、そのロックを解除する裏技です。

ヤフオクでも絶縁用のシールが売ってますが1,000円くらいしますから、ビニールテープを細く切って自作しちゃったほうが手っ取り早いと思います。実際に絶縁した状態の画像なんかはヤフオクやネットで検索するとすぐ出てきます。

オンダッシュタイプのナビは画面が小さいので走行中に操作することはほとんどないですが、こういう過剰な安全対策というか規制はない方が何かと便利です。助手席の人が走行中に操作することもできなくなっちゃいますからね。

この手の裏技はたいていどのナビにもあってゴリラシリーズのネジを入れるとロック解除できちゃう裏技は有名ですね。メーカーの人も簡単に解除できるようにわざとこういうふうに作ってるんでしょうね(笑)

でろりん Author Profile Page 2012年2月16日 01:21

おっと、肝心のリンクを貼り忘れ。上述のノウハウですがこちらのウィキで見つけました。


バイクナビ@2chバイク板 Wiki


2ちゃんねるバイク板の関連スレッドまとめウィキです。こういうアングラっぽい情報はあいかわらず強いですねぇ。レスをまとめてあるのでかなり読みやすく、具体的なノウハウがいろいろ書いてありました。

トラックバック:0

トラックバックURL
http://www.reviewnavi.com/mt/mt-tb.cgi/89

↑ page top

サイト内検索

最近人気のレビュー

Tools & Feeds
管理人(でろりん)

管理人(でろりん)

掲示板・ブログ・twitterなどネット中から購入者の声を集めて、良かった点・悪かった点に分類してまとめています。

ご意見・ご連絡はこちらのメールフォームからどうぞ